どうしようもなく

あなたが近くに居れば居るほど

私は空しくなり

かといって

あなたが居なくなる事ほど

私を悲しくさせることもなく

それがあまり遠くない将来

本当にそうなってしまうのが

どうしようもなく 怖いのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

二年前に書いていた詩を発掘しました。
このころ(2003年冬ごろ?)は失恋したばかりで、
未練たらしくズルズルと想いを引きずっていた頃でした。
相手がもうすぐ卒業して会えなくなってしまう、という時期だったのです。
今思えば、かなり落ちてた時期だったなぁ…と感じます。


女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス