漢字六つの御題[提供:Lord colors]

...1

着信
【ちゃくしん】 電信など、通信がつくこと。また、その通信。
----------------------------------------------------------------------
君の居ない 夏の終わり
ふいに 淋しさ襲うよ

声が、聞きたい 今すぐに

いつもなら 何も考えず押すボタン
今日は やけに重い

いま 何をしているの?
いま 何を考えているの?

声が、聞きたい 今すぐに


加速
【かそく】 速度を加えること。また速めること。
----------------------------------------------------------------------
スピード恐怖症
そんなものあるのか知らないけれど
わたしは それだ
何事も 勢いがついてゆくと 不安になる
だから どうか
急がないで 急かさないで
わたしは ゆっくり 歩きたい


音骨
【おとぼね】 口・のど・あごなど、声を出すところを罵って言う語。
----------------------------------------------------------------------
どうしてこうも素直になれぬのか
ただ わかってほしいだけなのに
ただ わかりたいだけなのに
今日もまた うらがえし くりかえし
ごめんなさいが、宙に舞う


炭酸
【たんさん】 二酸化炭素が水に溶けてできる、極弱い酸。水溶液中でのみ存在する。
----------------------------------------------------------------------
さわさわ さわさわ 夏の味
透明な緑ごしに 君を見る


梔子
【くちなし】 夏、枝先に香りのよい六弁の純白色の花を開く。
----------------------------------------------------------------------
名前は 知ってる でも 見たことはない
そういうモノは かぞえきれぬほどある
目に見えるモノ なんて ほんの一握り?
それがホントなら 目に見えないモノは どれくらいあるの
気が 遠くなった


花影
【かえい】 月光などによる花の影。
----------------------------------------------------------------------
あわき月影 にほひ立ち
きみの元へと いざなひつ
かくも甘美な めろでぃは
ゆめと うつつの はざまへと
しろき花弁の にほひ濃く
ゆめと うつつの はざまへと


...2

哀韻
【あいいん】 言葉や音楽の、悲しく哀れを誘うような調子。
---------------------------------------------------------------------
悲しい歌 歌ってた あの頃
誰かに 愛されたくて 仕方なかった
暖かい手 求めてた あの頃
今は 懐かしく 愛しく 思うよ
無駄なことなんて 一つもなかった
どれも 全て 私の 糧となった
あの頃の 私に だれか 伝えて ください
今 私は   幸せです


螺子
【ねじ】 物を締め付けて固定したりするのに用いる機械部品。
---------------------------------------------------------------------
一緒に居るのは当たり前。
その手 その声 それはあって当たり前
気付かぬうちの 慣れと飽き

いつも惰性にならぬよう
毎日発見できるよう
あたしはあたし あなたはあなた
互いに磨いてゆきましょう

螺子が緩んでゆかぬよう


花火
【はなび】 黒色火薬などで固め、燃焼、破裂させて音・光・炎色を観賞するもの。
---------------------------------------------------------------------
「来年こそは」と誓って はや2年
もう来年は来ないのかと思っていたら
来年は思いがけずやってきた

思い描いたような人ではないけれど
浴衣を着ることはできなかったけれど
人は海のようにいたけれど

私は彼が好きだし 彼は私が好きだし
慣れない浴衣で疲れることもなかったし
人波のおかげで手を繋ぐこともできたし

それでよかったんです
それがよかったんです
一生忘れることの出来ない夜でした


破裂
【はれつ】 内部からの力で、勢いよく裂けること。
---------------------------------------------------------------------
もういいよ どうでもいいよ
言っても無駄だよ
口癖になってしまった 言葉たち
でも ほんとはね 全部 裏がえし
そんなの 伝わるわけないのだけれど
もどかしくなって ひっくりかえした 言葉たち
ほんの少し だけどね 伝わった


浮舟
【うきぶね】 水に漂っている舟。不安定で頼りない物に例える。
---------------------------------------------------------------------
あなたに対する わたしの気持ち
わたしに対する あなたの気持ち
どちらが 重いか 軽いのか
吹けば飛ぶよな 危うさと
背中合わせで 行きましょう
お手々つないで 生きましょう


爪先
【つまさき】 足の指の先。足先。
---------------------------------------------------------------------
背伸びをしても 届かなかったもの
じっと空をにらみつけていた あの頃
今は簡単に手が届くよ
背が高くなったぶん
手からこぼれ落ちていったものも多いけれど


女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス